February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2018年02月04日の生活記録

00:01
どれも興味深いものばかりで、できれば原典を精読したいという誘惑にかられるのだが、一人30分の指導を何人もこなさねばならず、ほんのつまみ食いで我慢せざるをえない。しかし、この時期の生徒の答案はなかなか優れたものが多いね!
22:57
Enjoy Learning Forum 東北の会合に20名ほどの皆さんにお集まりいただきました。 関戸大さん(仙台高専)のワークショップは大変充実したものになりました。 明日から早速実践しよう! と思えるような技法を惜しげもなく教えていただきました。
23:00
Enjoy Learning Forum 東北の会合→情報交換会(土風炉)→ホテルに帰る→学会のパネルディスカッションのためのオンライン会合→ふり返り(←いまココ)
23:34
ALといえば「教師は壇上の賢人としてではなく、寄り添う案内人に徹するべし」というイメージだった。生徒が主役、教師は脇役という感覚。だが、すべての基礎に教師に対する信頼感があり、AL型であれ講義型であれ、教師側のプレゼンテーション・スキルによって、授業の成否が大きく影響される。
23:34
ここでの「プレゼンテーション」とは、人前に出てパワポを見せるような「プレゼン」ではなく、むしろ「現前」と訳されるような「現れ方」という意味だと、最後の方になってようやく理解できた。
pagetop