22:32
「対話のひろば」第4回「ループリック作りと評価について語り合おう」の際に、宝塚歌劇でルーブリック評価している河合塾職員のNさんに話題提供してもらったが、そのとき悟ったのが「評価主体としての生徒・学生の育成」という視点。
22:35
評価主体としてルーブリック作りを経験してもらうことで、自分のQOLを高めることの重要性を再認識してもらいたい……今日の東京成徳大のゼミはそんな願いをこめて好きなものについて、ルーブリックを作ってもらうという全く新しい試みにチャレンジした。
22:38
人によっては苦労して評価観点や評価基準を考えていたが、概ね想定を超える出来だった。とくにふり返りが素晴らしかったのだが、その内容はまたの機会に。 https://t.co/bMwNFt9yxn