多摩新都市的公園前生活記録

竹 内 幸 哉 (たけうち ゆきや)
時代の転換期にあって、若者がしなやかにたくましく人生を切り開いていくために、学びの場をどうデザインするか、教員にできることは何なのかを考えています。
河合塾教育研究開発本部講師 大正大学総合学修支援機構講師 中央大学法学部講師 佐鳴予備校講師 Enjoy Learning Forum 世話人。
初年次教育。日本語読解・日本語表現。哲学。アクティブラーニング。
twitter=YUKYLOG.竹内幸哉の生活記録
https://twitter.com/yukylog
twitter=YUKYLAB.竹内幸哉の研究室
https://twitter.com/yukylab
tumblr=竹内幸哉の研究室 https://yukiya-takeuchi-laboratory.tumblr.com/
<< 2019年06月22日の生活記録 | main | 2019年06月26日の生活記録 >>
2019年06月24日の生活記録
10:49
「抑圧と安定の時代が終わり、自由と不安の時代が始まった」と奈須正裕は著書で述べていた。不安ばかり募る人もいるから、自由の尊さ、自律が不可欠であること、にもかかわらず、というかそれゆえに、多様な他者との緩やかな連帯や協働が重要になることを、腑に落ちるよう伝えるにはどうしたらいい?
14:05
土曜日にGS説明会でお邪魔した河合塾名駅校(写真)を今日は素通り。 https://t.co/IF1cAoceDV
18:18
朝早く家を出てひたすら電車や新幹線に揺られ、たんたんと業務をこなし、旅情だけくすぐられたまま、再び新幹線と私鉄に揺られて深夜に帰宅する。新幹線で日帰り圏の出張とは切ないね〜。ビールでも飲みながら車窓を眺めるのがせめてもの慰め。
22:17
たとえ意味が分かっていて自分のキャリアとの結びつきも見通せる仕事だったとしても、上から降ってくる仕事を粛々とこなすことばかりやっていたら、創造性は枯渇する。ある指揮命令系統から完全に脱けだす場や時間が十分にないと、独創性や想像力は喚起されない。当然のことに今更気がつく昨今。
22:22
雨降りしきる5月上旬の気温の東京から、夏の暑さ感じる福山へ。滞在時間5時間弱。再び梅雨寒の夜を迎えた東京に。 https://t.co/b7SpOyEWmn
22:26
「インディペンデント・コンストラクター」という働き方がちょうどいいのかも。会社人間と独立自営業の間ぐらい。

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE