多摩新都市的公園前生活記録

竹 内 幸 哉 (たけうち ゆきや)
時代の転換期にあって、若者がしなやかにたくましく人生を切り開いていくために、学びの場をどうデザインするか、教員にできることは何なのかを考えています。
河合塾教育研究開発本部講師 大正大学総合学修支援機構講師 中央大学法学部講師 佐鳴予備校講師 Enjoy Learning Forum 世話人。
初年次教育。日本語読解・日本語表現。哲学。アクティブラーニング。
twitter=YUKYLOG.竹内幸哉の生活記録
https://twitter.com/yukylog
twitter=YUKYLAB.竹内幸哉の研究室
https://twitter.com/yukylab
tumblr=竹内幸哉の研究室 https://yukiya-takeuchi-laboratory.tumblr.com/
<< 2020年04月07日の生活記録 | main | 2020年04月11日の生活記録 >>
2020年04月10日の生活記録
00:31
父の遺品の中から、こんな物出てきました。 分かるかな〜? 分かんねぇだろうな。 https://t.co/MVz033eVrX
01:16
ずっとほったらかしていた父のボストンバッグから、いろいろ出てきた。 昔の年賀状(こちらの住所が印刷されているもの)。デイサービスセンターからの皆勤賞の表彰状。誰が写っているのか分からない高齢者の集合写真。細かな字でびっしりと書かれた手帳。
01:25
方位磁石。いただいた手紙の数々。折り尺。まだ使ってないテレホンカード。うちに定期的に送ってくれていた「七瀬通信」のFAX原稿。自転車の鍵。はて、どうしたものか? https://t.co/UUWqPVMq67
01:46
エッシェンバッハがN響を振ったマーラーの「復活」をテレビで見て以来(ま、この演奏についてのコメントはあえて自粛しますが…)、マーラー熱が再度高まってきた。「復活」は音響効果が劇的すぎて、聴くというより見るものだとずっと思ってきたが、ここへきて再びしっかり聴いてみたくなったのだ。
02:13
RT @yukylab: 今までエイドス(形相)とヒュレー(質料)の説明をするとき、プラトン的に家の設計図と材木を用いていたのだが、考えてみれば、情報とその媒体を例に説明したほうが分かりやすいのかも知れない。形相がなぜ優位なのかも説明しやすい。
20:59
覚悟はしていたが、生活全般をサポートする会社から、業務縮小の申し入れあり。このご時世ゆえ致し方ない。
21:51
今日は二つのネット活用に新しい可能性を見た。一つは妻の始めたオンライン・ワークショップ。僕はカメラマンの任務を与えられた。LINEのビデオ通話機能を用いたがこれはなかなか便利。終了後、妻からは「ちょいちょい厳し目にダメ出ししつつ写り込んでくる監督になってた」と言われた。
21:55
もう一つは、大学研究者のネットミーティングにzoomで参加。10人ほどの参加、しかもほとんど初対面の人とのネット会議は初めて。マイクのミュート機能を効果的に用いることで、ファシリテーションがスムーズにいくことを学んだ。その後のオンライン飲み会もゆるくていい感じ。

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE