August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

横浜ベイブリッジから撮った富士山とランドマークタワー

JUGEMテーマ:写真



仕事で 千葉県へ行くのにアクアラインを使いました。
川崎に一泊してから行くので、横浜ベイブリッジ経由の高速バスに乗ります。
このルート、実は以前にも通って美しい風景を目にしていました。
近景に、横浜ランドマークタワーやみなとみらい地区のビル群、
背景には、富士山という見応えのある風景です。
しかし、これは美しいと思ってカメラを取り出したときには

すでにバスはベイブリッジの中央部に差し掛かり、
そこは網状のフェンスが続いていて
カメラに納めるにはどうしても見苦しくなってしまいます。
それで、残念ながら、
そのときは、せっかくのシャッターチャンスを生かせなかったのです。

快晴で大気が澄んでいないとこの場所から富士山は見えません。
しかし、そんな日に僕が、このルートを通るとは限りません。
だから、簡単に見える景色ではないわけです。

この日は朝から東京もこの冬一番の冷え込みで快晴、
これは空気もきれいだしもしかしたら富士山を拝めるかもしれない。
そんな期待でカメラを持って身構えていました。

チャンスは2回しかありません。
1回目はピントを合わせられず失敗。
2回目は慎重に何度かシャッターを下ろしました。
またまたピンボケになったり、
橋梁のワイヤーやさまざまな遮蔽物が入ってしまったり、
富士山とランドマークタワーが重なってしまったり、
これまたうまく撮れませんでしたが、
上にアップした写真がベストショットです。

東京湾からは遠いはずの富士山が裾野まできれいに写っています。
手前の横浜港大桟橋には豪華客船「飛鳥II」(でしょうか?)が入っていますし、
右端にはぎりぎり大観覧車が入っています。

(二人とも高いところはどちらかというと苦手だったにもかかわらず、
何を思ってか、かつて、僕と妻はこれに乗り込み、
一番上近くまできたころにはすっかり固まっていて、
景色を楽しむ余裕などなく、
下まで戻ってきたときには、
すっかりげっそりしてました。
あー、怖かった……)

構図的にはバッチリなんですが、
背景の空と富士山のコントラストが鮮明ではないのが残念。
抜けるような青い空ならもっと富士山が映えたでしょうに。
それからバスの窓越しに撮ったので、
バス内部の様子がガラスに反射しちゃったのも残念。

そんな悪条件の中でもまずまずの写真が上記のもの。
カメラの威力に負うところが多いのですが……

それにしても
僕のブログに富士山の写真は三回登場しています。
どうして富士山を見ると、こうカメラを向けたくなっちゃうんでしょう。
富士山を見るとありがたく、幸福な気持ちに包まれる。
何か幸運の前兆なのではないかという気持ちがしてくる。
僕の中にも強く、アニミズム的な気持ちがあるからでしょうか。




pagetop