多摩新都市的公園前生活記録

竹 内 幸 哉 (たけうち ゆきや)
時代の転換期にあって、若者がしなやかにたくましく人生を切り開いていくために、学びの場をどうデザインするか、教員にできることは何なのかを考えています。
河合塾教育研究開発本部講師 大正大学総合学修支援機構講師 中央大学法学部講師 佐鳴予備校講師 Enjoy Learning Forum 世話人。
初年次教育。日本語読解・日本語表現。哲学。アクティブラーニング。
twitter=YUKYLOG.竹内幸哉の生活記録
https://twitter.com/yukylog
twitter=YUKYLAB.竹内幸哉の研究室
https://twitter.com/yukylab
tumblr=竹内幸哉の研究室 https://yukiya-takeuchi-laboratory.tumblr.com/
2020年04月23日の生活記録
16:33
RT @dave_spector: デザイナーの手作りマスク。 https://t.co/zJjnDjsv0u

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
そもそも人生は「不要不急」

新型コロナ感染拡大を抑え込もうと緊急事態が宣言され

「不要不急の外出はひかえよ」

「接触は8割削減」

「STAY HOME」

などという掛け声が同調圧力となって日本列島を覆っている。

 

僕もまじめだから

必要のない外出、急ぎのない用事はしないよう心がけている。

一日中家で過ごすこともままある。

 

そんな状態が続くと

そもそも必要な外出とは何か?

急ぎの用事とは何か?

などということをに考えてしまう。

 

続きを読む >>

| 考える | 03:02 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
2020年04月22日の生活記録
00:04
先日N響定期で視聴したマーラーの「復活」にはまりつつある。高校時代以来聴いてきて何度目のマイブームだろうか? アップル・ミュージックで過去の名演を聴き比べることが容易くできてしまう。ワルター&ニューヨーク、ショルティ&シカゴ、小澤… twitter.com/i/web/status/1…
13:40
いろんな命の守り方があって相互にそれを尊重できるようにする余裕が、こういうときこそ求められている。寛容さは文化の成熟度のバロメーター。ときに不快・不安・迷惑・怒りの感情に左右されて仕方がないとしても。
22:21
朝型の妻と夜型の僕で、自分時間を棲み分けているのだが、だんだん僕の夜型が後ろ倒しになってきてついに僕が寝る前に妻が起きるような事態に……は、まだなってません。

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
2020年04月21日の生活記録
23:50
妻に言わせると僕は「鈍感力が高い」のだとか。素直に喜んでいいのか? https://t.co/LYgPKblGo7

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
2020年04月20日の生活記録
02:58
ここ半年ぐらいのことだが、リーダーシップについて反面教師のいることのありがたさを実感している。なぜなら、その反面教師の逆張りで行動すると、いい結果が出ることが明らかになってきたから。ていうか、自分がされたくないことを人にしてないだけなんだけどね。
03:03
『あまちゃん』の大ファンなのだが、先日、久々にDVDで総集編を見て、また泣く。
03:10
ここのところ、容量がいっぱいだから増やせという通知がいろいろ来て、それへの対応に時間をとられている。Webメールや、PCのストレージ容量がいっぱいだからなんとかしろという恐ろしげな通知。これ死活問題。 https://t.co/EnFAxecE0D
12:21
ちょうど二年前に「人間は〜神様じゃないんだよ〜」1972年のTBS系ドラマ『1・2・3と4・5・ロク』のエンディング曲だと判明したが、実際にその音楽が聴けないとツイートしたのだが、今日検索してみたら聴けました! 予想以上にすばらし… twitter.com/i/web/status/1…

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
2020年04月19日の生活記録
13:16
金曜日のウォーク。 公園→里山→駅前→スーパー。 家に一日中籠っていると、よくないと直感する人は多いようで、外に出る人はそれなりにいる。 https://t.co/75yhYSL2DW
13:19
土曜日、激しく降った雨もやみ、夕方妻とランニング。 https://t.co/NLEj1cyDvW

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
2020年04月18日の生活記録
12:43
いつもの仲間たちと初の「Zoom飲み会」をした。回線環境の問題か、PCのスペックのせいか、途中トラブルはあったものの、19時から24時までの5時間、10人の仲間がゆる〜くつながって楽しい時間を過ごした。
12:47
家族の飛び入り参加や、ギターとリコーダーのセッション、酔っ払いのハイテンション絡みなど、笑わせてくれるネタ満載で大いに盛り上がった。僕はチャット機能をテロップ的に使って、実況中継した。
12:51
まだ慣れないけど、家にいながら、友だちとつながるにはこれしかなく、懐かしい面々と久しぶりに顔を合わせる機会をもつことができるありがたさをじんわりと実感した。
13:03
@moeko_suzuki9 こちらこそ、最後まで参加してくれてありがとうございました! もえちょに久々会えて嬉しかってです。 しかし、なんで背景色がカレー色になったのでしょうか( ??? )

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
2020年04月17日の生活記録
00:01
RT @yukylab: 自宅待機要請が続くなか、オンラインで学びの場をどう作るかが喫緊の課題でして、ただいま試行錯誤中です。 録画による動画配信授業やzoomによる双方向授業を経験しましたが、そこで私はライブ感と教員の身体性を大事にしてきました。
00:01
RT @yukylab: ライブ感というのは、普通の授業と同じ時間の流れで収録するということです。書き間違えたり言いよどんだり沈黙したりしても編集はしない。ノイズや情報量ゼロの部分が出てきても、カメラを止めずに知らん顔で授業は進みます。
00:01
RT @yukylab: 勿体ぶった言い方をしちゃいましたが、実は撮り直すのも、パワポ作るのも面倒だから自然にこうなった、というのが正直なところです(^^)
00:01
RT @yukylab: メルロ=ポンティは「間身体性」という概念を提起して、意識以前の非人称的な身体が共振する協働性を探究しましたが、授業という場が教師の身体と学生の身体、あるいは学生同士の身体が共振するような体験-追体験の場であることを、はからずもオンライン授業という場が教…
10:57
ランニングじゃなくて、ハイキングかな? https://t.co/lrEjz7FHyH

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
2020年04月16日の生活記録
23:01
昨夜は特進コースのオンライン授業。以前は録画収録動画を配信したが、今回からzoom導入で双方向授業が可能に。佐鳴予備校はもともとネットインフラに強いのでこうした緊急事態でも臨機応変に対応できる体制を整えているのがありがたい。
23:18
教室と同様に、ペアワーク、グループワークができればいいのだが、残念ながらネット回線の容量の制約もあってそれはできない。そこでできるだけ自発的発言を促すのだが、環境が違うからか発言するにはハードルが高いようだ。アイスブレイクでしりとりを取り入れて、雰囲気を和らげようとしたのだが…
23:25
zoomでの双方向授業はまだ緒についたばかりだが、未知の可能性がある気がする。たとえば、チャット機能や画面共有機能の利用。画用紙にペンで書くなど、アナログな道具の併用。それから自宅にいるからこそできることもあるかもしれない。固定観… twitter.com/i/web/status/1…
23:40
今日は久々に墓参りに行く。これは不要不急なんかじゃなくて、自分の生活を根底で支えるために必要な行為だと自分を納得させつつ。 今までできなかったことができる日々。悪いもんじゃない。 https://t.co/1ZJAsT3vKa
23:57
オンライン授業でこそ、ライブ感と身体性が必要 yukiyatake.jugem.jp/?eid=2578 #jugem_blog

| 生活記録 | 03:50 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
オンライン授業でこそ、ライブ感と身体性が必要

自宅待機要請が続くなか、

オンラインで学びの場をどう作るかが喫緊の課題でして、

ただいま試行錯誤中です。

 

録画による動画配信授業やzoomによる双方向授業を経験しましたが、

そこで私はライブ感と教員の身体性を大事にしてきました。

 

ライブ感というのは、

普通の授業と同じ時間の流れで収録するということです。

書き間違えたり言いよどんだり沈黙したりしても編集はしない。

ノイズや情報量ゼロの部分が出てきても、

カメラを止めずに知らん顔で授業は進みます。


教員の身体性というのは、

見やすいフォントで情報が整然と並んだスライドなど用意せず、

私自身が身体を晒して語りかけ、読み、そしてホワイトボードに癖のある文字で書いていくという

身体の運動をそのままカメラで伝えるということです。


勿体ぶった言い方をしちゃいましたが、

実は撮り直すのもパワポ作るのも面倒だから、

自然にこうなった、というのが正直なところです(^^)

 

メルロ=ポンティは

「間身体性」という概念を提起して、

意識以前の非人称的な身体が共振する協働性を探究しましたが、

授業という場が教師の身体と学生の身体、

あるいは学生同士の身体が共振するような体験-追体験の場であることを、

はからずもオンライン授業という場が教えてくれるように思われます。

 


| 教育 | 23:57 | - | - | 竹内幸哉 (たけうち ゆきや) |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE