January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2018年12月08日の生活記録

12:19
RT @yukylab: 「ミネルヴァの梟は迫り来る黄昏に飛び立つ」と言われる。この「黄昏」が古い時代の終わる前に新しい時代に先駆ける哲学の意なのか、現代が終わろうとするとき時代を俯瞰、総括してその意味を問う哲学なのかは、意見が分かれるところかもしれない。
12:19
RT @yukylab: ただ現在の不透明かつ流動的状況にあって、ミネルヴァの梟に求められているのは、新しい時代に光を差し向けることだろう。
12:55
RT @yukylab: 認識に徹する哲学もあるが、実践する哲学もある。最近では実践哲学やら応用哲学も盛んだ。だが、気をつけなくてはいけないのは、実践や応用ついての認識の記録を残すことが目的になっては元も子もない。行動すること、作ること、続けること、変えること、これが目的となら…
13:04
ケースメソッドトライアル研修「学校組織におけるカリキュラムづくり」始まりました!講師は町支大祐先生です。 https://t.co/b4elOFJc2P
23:59
立教大モリス館2Fからのクリスマスツリー https://t.co/lWPzBMDAW0

2018年12月07日の生活記録

16:46
本日は立教大学で哲学と道徳教育についての密度の高い示唆に富んだ話をうかがう。 そしてその30分後に河合塾の会議。地下鉄での移動も考えたが、徒歩で移動するとちょうど5分前に到着。 https://t.co/ZB1S6x6nWd

2018年12月06日の生活記録

14:21
今日は経産省へ行って、ワクワクするような話をうかがってきた。ぜひ関わらせてほしい、というのが個人的希望(^ ^)
16:58
ずっと圏外で変だと思ってた。スマホの設定を無意識に変えちゃった?と思って再設定や再起動するも、ずっと圏外。iPadも3Gになって繋がらないことが分かって、こりゃ端末の問題じゃないと推定。帰って調べたら、ソフトバンク通信障害。
19:35
本調子ではないものの、ようやく喉の痛みやイガイガが治りつつある。葛根湯、ビタミンのサプリ、野菜ジュースが良かったか?でも喘息っぽさはいまだ残る。
19:38
今日は打って変わって最高気温10℃ほど。近くの里山も色づいてきた。 https://t.co/p8NLMhuY2w

2018年12月04日の生活記録

12:44
久々の東北大学青葉山キャンパス。今日はポカポカ陽気だけど、「山」だけあって、下界より気温が低い気がする。
12:51
「対話のひろば」の経験を思い出している。決してひとりではたどり着けないところへ、語り合いを通じて連れて行ってもらえたような昂奮を味わう。
18:56
今日は東京都心で23.4℃だったとか!

2018年12月03日の生活記録

01:06
なんか、いろいろつながってきた!
01:12
今日(もう昨日か!)は河合塾Be a Learnerサイト立ち上げ記念のリアルイベント「対話のひろば」の第1回で「キャリア教育について語り合おう」という催し。多くの方に来ていただいて、たいへん充実した学びの場になったのではないかと思う。主催者のひとりとしてうれしい限りです。

2018年11月27日の生活記録

17:29
あれ?メガネがない、どこかに忘れてきたか? と、しばしたじろいで、すでにメガネをかけていたことに気づく、の巻(>_<)

2018年11月25日の生活記録

18:12
咳が出始めると止まらない。喘息的症状。これってしんどくて、体力も消耗するし肩が凝るのだ。
18:53
大学のセンセはある分野の専門家である、ということと大学のセンセは資質・能力の教育者であること、あるいはキャリア教育の推進者であることは、まったくもって矛盾しない。同じことは高校や中学のセンセにももちろん妥当する。
23:50
RT @yukylab: 『西郷どん』で、不平不満の山積する鹿児島の士族を鎮めるため、西郷は学校創建に乗り出す。これを見ていて思ったことは、教えるという立場に立つことを経験するということは自尊感情を傷つけない、いや高めるためにとても意味のあることかと。
23:51
RT @yukylab: ここからは『西郷どん』を離れるのだが、人は誰かに対して何かを教えるためには「ちゃんとしなくちゃ」って思うわけで、僕なんかもまったく教育などに興味のないまま予備校講師になったものの、なってからは「ちゃんとしなくちゃ」って思うようになった。
23:52
RT @yukylab: ある種の社会性を遅まきながら身につけなくちゃ、と思うようになった。実は近代社会になるまでは誰もが年下の者に教える経験をもっていたはず。それを近代社会は特権的に学校という場の先生の専門的な仕事にしただけ。
23:52
RT @yukylab: 「教える―学ぶ関係」こそ人間関係にとって本質的だと言ったのはたしか柄谷行人だったか。その通りだと思う。たとえ対等なコミュニケーションの場であっても、その場が有意義であるとすれば、そこに「教える―学ぶ関係」があったはずだ。
23:52
RT @yukylab: アクティブラーニング運動を推進する立場からは、ときどきティーチング・パラダイムからラーニング・パラダイムへの価値転換が強調されるが(私の強調してきた)、ここで再考すべきは、教える専門人と学ぶ専門人の垣根を取っ払い、教えつつ学ぶ人として学校空間を見直して…
23:52
RT @yukylab: 学生をアクティブラーナー(主体的な学び手)にすることが大事だというが、そうではなく、教室空間には教えつつ学ぶ者たちがいて、その中で教師の役割は教えつつ学ぶ先輩=ファシリテーターも兼ねるという点にある。 アクティブラーナーにとって本質的なのは、ラーナー・…

2018年11月24日の生活記録

09:25
昨日の夕飯は秋刀魚をいただいた。 https://t.co/bxX5vlkXdh
09:34
「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば」と藤原道長が詠んでから千年目の満月…… 雲に隠れてむしろ味わい深い。 https://t.co/JPKqulkfW6
10:30
NHK『ヒストリア』で「鳥羽伏見の戦い」を見る。「内集団バイアス」という言葉、思い当たることあれこれ。過信と油断が慢心と驕りの温床となり、冷静な判断ができなくなる。さらに組織が大きければ、この内集団バイアスを解くことはかなり難しい。最後は「茹でガエル理論」をまっしぐらである。

2018年11月23日の生活記録

11:00
【教員志望者や教育に関心のある若い人たちへ】「ALで受験学力は向上するのか? ――理念と現場のつなぎ方を考える――」と題したワークショップを12月15日(土)11:00〜15:00、河合塾仙台校で開催します。参加無料・要申込です。… https://t.co/B6qg3FNZL0
12:29
妻よ、それはスマホの充電器である。 https://t.co/QuF13Q1DQ0
19:37
声枯れから始まったこの風邪も、だんだん咳が辛いほど出るようになり、喉痛や鼻水や頭痛と多方面に展開ちう(ToT)

2018年11月22日の生活記録

10:11
今日の妻の迷言 「自分を飼いならすのに精一杯なのに、犬とか飼えない!」 (セントバーナードを最近見ないという話から)
10:14
喉風邪らしく、声がかすれたままの状態。しかし、コミュニケーションの時代に声が出ないのは辛い! 昨日は会議2つと美容院。美容院だって結局美容師さんとたわいない話をして楽しむ社交場だし、けっこう話すわけで
<<back|<12345678>|next>>
pagetop